• ホーム
  • ヘルペスになった家族がいる場合感染予防を徹底しましょう

ヘルペスになった家族がいる場合感染予防を徹底しましょう

2020年05月10日

ヘルペスは直接接触でも間接接触でも感染してしまうことを考えると、発症している家族がいる時には感染しないように予防する必要があります。ヘルペスウイルスは比較的感染力が強いですが、皮膚に付着した程度では体内に入り込みません。粘膜や傷から肺混んでしまうのです。家族がヘルペスを発症している場合には気を付けたいのが食事です。大皿から直箸を使って料理を取ると、大皿にウイルスが付いてしまいます。取り箸で大皿から取るようにしましょう。勿論食事の時には同じ箸を使ったり、同じペットボトルから飲んだりするのはNGです。本人だけではなく他の家族も注意しましょう。

共有のタオルを使っている場合にも注意が必要です。口唇ヘルペスが出ている状態で顔を拭いたりした後のタオルには当然ウイルスが付いています。それを他の家族が使ってしまえば、タオルを介して感染してしまいます。タオルに限らず家族で共有のものを使っている場合、発症している間は別なものを利用するようにしましょう。

性器に症状が出ているのであれば、トイレも危険です。かと言ってトイレは共有しない訳にもいきません。そのためトイレの後には確実に石鹸で手を洗う、その手を拭く時にも別なタオルを利用することをおすすめします。トイレの便座にもウイルスが付着している可能性があります。使用した後、もしくは自分が使用する前にはアルコール消毒をすることによって予防することが可能です。

他にもパートナーが発症している場合、性行為をしないことが重要です。避妊具を着ければ大丈夫だろうと思うかもしれませんが、どこにウイルスが付着しているかはわかりません。そのため避妊具を着けていたとしても完全な予防とは言えないのです。性行為を避けることが1番の予防方法と言えるでしょう。症状が出ていない時には感染する確率はかなり低く、10%未満です。症状が出ていない時は気にしなくても大丈夫です。また、パートナーは固定することが重要です。不特定多数のパートナーがいれば、たとえ避妊具を着けていたとしてもリスクが高まります。

小さい子どもがいると、つい可愛くてキスをしたくなるかもしれません。しかしヘルペスに感染している場合にはぐっと我慢してください。日本人の7割がヘルペスに感染しているのは幼少期の親との触れ合いの中から感染してしまうのです。発症している時や発症しそうだな、と感じた時には気を付けてあげましょう。

関連記事
クラミジア感染症の患者数が日本でが最も多い理由とは?

クラミジアは日本でも最も一般的な性病と言われていて、細菌性の性病です。日本では約40万人が感染しているといわれていて、特に若者に感染者が多くなります。10代から20代の若者の間が最も感染者数が多く、まだ性知識のない世代に感染者数が多くなっています。クラミジアの感染者数が多い理由は無症状であることが原...

2020年07月19日
ベセルナクリームを使って尖圭コンジローマを治療しましょう

ヒトパピローマウイルスによって発症する尖圭コンジローマは、見た目のインパクトが強い性病になります。性器や肛門周辺にカリフラワー状のイボができる性病になり、放っておくとどんどん大きくなっていってしまうので、性器に違和感ができることによって気付くことが多いです。男性の場合には性器が通常の状態でも見えるの...

2019年12月26日
発熱や頭痛などの症状が出るヘルペス脳炎って?

ヘルペス脳炎はヘルペスウイルスを原因とする脳炎で、後遺症が残ることも多い病気です。100万人に3.5人ほどが発症すると言われており、日本でも毎年400人発症していると言われています。ヘルペスウイルスが神経や血液を通じて脳まで辿り着き、それによって発症するのがヘルペス脳炎です。通常であれば感染していて...

2020年03月31日
個人輸入代行を利用してヘルペスなどの性病の薬を手に入れよう

ヘルペスは一度感染するとほぼ確実に再発する病気です。再発しやすいとは言っても個人差があり、人によっては1年に何回も再発する人もいるのです。そうなると性病治療薬だけで随分とお金がかかってしまいます。しかも病院で処方して貰うと、保険が適用されるものの、診察代に調薬代もかかってしまうのでかなりの金額になり...

2020年02月24日
ヘルペスになったら何科の病院に行けばいいのか?

ヘルペスになった際は、まず病院に行って受診するのが1番です。しかし症状が様々な場所に出てくるので、何科に行けば良いのか分からない方も多いものです。何科に行けば良いのかは症状の出ている部位や状態によって変わってきます。基本的には皮膚科に行って診て貰って間違いはありません。皮膚に関することなので、皮膚科...

2020年06月14日
自然治癒することもある?ヘルペスを放置するとどうなるのか?

ヘルペスは放置していても自然治癒することができます。放置していても自然治癒するのであれば、いちいち病院に行くのも面倒であると感じるでしょう。再発でれば1週間から2週間もすれば治りますし、初めての時でも2週間から4週間で自然治癒できます。しかし放置するのはあまり推奨することはできません。自然治癒を推奨...

2020年01月27日
生活習慣を見直すことで口唇ヘルペスを予防できる

口唇ヘルペスは自然治癒も期待することができますが、それでもやはりできて欲しくないものです。口元に水疱ができて、それが破裂してかさぶたになって治るまでには約2週間ほどかかります。そうなると見た目が良くないですし、化粧もできません。口唇ヘルペスは完治することはできませんが、できないように予防することはで...

2019年11月30日
1年以内にヘルペスを再発する患者が8割以上もいる?

ヘルペスは帯状疱疹と違って初感染から1年以内に約8割が再発する可能性があると言われています。患者の約8割と言うとかなり多い人数ですが、それくらい再発しやすい病気なのです。ヘルペスウイルスは体内に入り込むと、腰仙骨神経節の中に潜り込みます。普段は害がないのですが、何らかのきっかけで再発してしまうのです...

2019年11月26日
バルトレックスの副作用はどうなの?事前に調べておきましょう

バルトレックスは長期に利用することも多いため、再発する度に服用しなくてはいけません。そうなると気になるのは副作用です。強い副作用がある場合、服用を躊躇ってしまう方も多いです。バルトレックス基本的には目的とするウイルスにしか効果がありません。そのため副作用は少ない部類に入ります。健康な方であれば殆ど感...

2019年11月24日
バルトレックスを使ってヘルペスを治療してみましょう

ヘルペスを治療する時、一般的に使われているのはバルトレックスという治療薬になります。バルトレックスの主成分はバラシクロビルという成分で、抗ウイルス薬になります。もともと主流だったのはゾビラックスという治療薬でしたが、ゾビラックスには幾つかの欠点がありました。その欠点が吸収率の悪さとそれから来る服用回...

2019年11月21日