多様なカプセルと瓶

日本人でも感染している人の多いヘルペス。主な感染の原因はヘルペスが発症している状態の部位への直接的な接触です。感染力も強く、一度感染すると完治することはありません。ぽつぽつとした水ぶくれができて、かゆみを伴う症状があるので、意外と我慢するのが大変な性病になります。特に初めての時には女性の場合症状が重くなることが多いのです。詳しいヘルペスの感染経路、治療法を知って、きちんと予防するようにしましょう。

ヘルペスは大きく分けて2種類あります

ヘルペスは大きく分けて2つに分類することができます。それが口唇ヘルペス性器ヘルペスです。それぞれの詳しい症状を抑えておきましょう。

口唇ヘルペスは口の周りにできるもので、気付いていないだけで経験したことがあるという方は多いです。口の周りに赤いぽつぽつや水ぶくれができたことがあると思いますが、それが口唇ヘルペスになります。水ぶくれは暫くするとかさぶたになって治ります。人によっては水ぶくれにならずに少しかゆみのある赤いぽつぽつができるだけなので、あまり気にしたことがないという方も少なくありません。個人差はありますが、良くできるのであまり気付かない人も多いのです。赤ニキビだろうと思っているかもしれませんが、原因となるウイルスが違い、全くの別物になります。発症する前には少しむずむずするような感覚があるので発症前に気付くことは可能です。そのむずがゆさの原因はウイルスが繁殖している証拠で、この時点で薬を使用すれば事前に発症を防ぐこともできます。

口唇ヘルペスは日本人の7割が感染していると言われていて、多くの人は無自覚です。感染経路として言われているのが、多くは幼少期の家族との接触によるものだということで、幼少期にウイルスに感染している可能性が高いのです。

性器ヘルペスの場合は発症まで2日から12日ほどの潜伏期間があり、その潜伏期間の間にウイルスが増殖していきます。男女で症状に少し違いがあり、男性の場合には感染箇所に水ぶくれができて、それが破れると潰瘍になります。通常は性器にできますが、肛門周辺や太ももにできることもあり、ひどい場合は直腸にできることもあります。

女性の場合にも同様に性器に水ぶくれができて、それが破れると潰瘍になってしまいます。ここに男女による症状の違いはないのですが、女性の場合には少し症状が重くなることが多いです。発熱したり排尿痛を伴うことも多く、子宮にまで感染が広がることもあるのです。水ぶくれの中にはウイルスが詰まっているので、それが割れると周囲にウイルスをまき散らすことになってしまいます。そうするとより病状が悪化してしまうのです。

実はヘルペスは感染したからと言って必ずしもすぐに水ぶくれができるという訳ではありません。初めて感染した時に症状が出ないというケースをあり得るのです。その後暫く経って、免疫力が低下したりストレスが強くかかっているタイミングで症状が出ることもあります。こういった場合には初感染の時よりも軽く、治るまでの期間も短くて済むのです。

性器ヘルペスの主な感染経路として考えられるのが性行為です。しかし感染の温床となっているのは口、オーラルセックスなのです。実はどちらのヘルペスもウイルスは同じなので、口と性器による接触でも感染するのです。かつてと違ってオーラルセックスをするのも普通になってきて、若年層の方がオーラルセックスをしたことがある人は多くなっています。そのため若年層に感染している人が多いと言われています。

性器ヘルペスの治療には軟膏を処方されることもありますが、基本的には内服薬を処方されることが多いです。症状が軽ければ軟膏でも大丈夫ですが、重い場合には点滴をしなければいけないこともあります。通常の治療法であれば5日間から10日間内服薬を服用するだけで大丈夫なので、わりとすぐに治療することができます。病院で治療薬を処方してもらわなかった場合でも、自然治癒することができます。性器ヘルペスを自然治癒で治そうとすると、大体2週間から4週間はかかってしまいます。その間痛みやかゆみに耐え続けるのは大変なため、できるだけすぐに病院に行くようにしましょう。

もしも感染したのは初めてではないが症状が出たのは初めて、という場合であれば自然治癒であっても比較的早く治ります。治療薬を服用していなくても、大体3日から7日で治すことができますし、かゆみや痛みも比較的少ないです。ですが素人では判断することはできないので、もしかしてという場合にはやはり病院に行った方が日常生活に支障が出ずに済みます。水ぶくれができるのはヘルペスの特徴ですが、痛みやかゆみを引き起こす性病は他にもあります。他の性病だった場合、放っておくとより悪化して別な病気を引き起こしてしまう原因にもなるのです。再発してわかっているという訳ではないのであれば、泌尿器科や婦人科、性病科を受診した方が安心です。

記事一覧
ベセルナクリームを使って尖圭コンジローマを治療しましょう

ヒトパピローマウイルスによって発症する尖圭コンジローマは、見た目のインパクトが強い性病になります。性...

2019年12月26日
生活習慣を見直すことで口唇ヘルペスを予防できる

口唇ヘルペスは自然治癒も期待することができますが、それでもやはりできて欲しくないものです。口元に水疱...

2019年11月30日
1年以内にヘルペスを再発する患者が8割以上もいる?

ヘルペスは帯状疱疹と違って初感染から1年以内に約8割が再発する可能性があると言われています。患者の約...

2019年11月26日
バルトレックスの副作用はどうなの?事前に調べておきましょう

バルトレックスは長期に利用することも多いため、再発する度に服用しなくてはいけません。そうなると気にな...

2019年11月24日
バルトレックスを使ってヘルペスを治療してみましょう

ヘルペスを治療する時、一般的に使われているのはバルトレックスという治療薬になります。バルトレックスの...

2019年11月21日